Latest Posts

バランス良く摂取

ワンちゃんの毛並みを良くする方法は、やっぱりドッグフードを意識することのようです。飼い主さんは、ワンちゃんのことを本当に考えてドッグフードを与えているでしょうか。ドッグフードは、なんでもワンちゃんにあげればいいということではありません。ドッグフードこそが、皮膚や被毛の状態を健康に保つ、バロメーター的存在です。

ワンちゃんの毛並みを気遣うポイントは、 高品質な動物性タンパク質のドッグフードをあげることであり、良質な脂質のドッグフードを与えることです。ドッグフードも本当にいろいろな種類があって、何にしていいか非常に迷っている人たちも多くいます。100%無添加というドッグフードもあります。

獣医師や栄養士の考案によって作られたドッグフードであり、 野生の犬が自然の中で食べていた食事に出来る限り近いということが理想です。もちろん、そのようなドッグフードは、アレルギー対応として小麦粉やトウモロコシなども一切使用していません。生ラム肉が主原料(55%以上)であり、ワンちゃんも、きっとそのようなドッグフードを喜んで食べてくれるはずです。

更に様々な種類の良質な動物性タンパク質(七面鳥や魚やダックなど)をバランス良く配合しているドッグフード、 グレインフリーと言われる穀物不使用のドッグフードなどいろいろあります。あなたは、そこまでドッグフードを選んで与えてあげることが出来ているでしょうか。

サプリメント

ワンちゃんも年老いると、運動量が減ると血液の循環が悪くなってしまうことになります。毛や皮膚の栄養分も届かなくなってしまうことになります。ワンちゃんの毛並みが悪いのは、ワンちゃんにしっかり栄養が行き届いていないせいかもしれません。食事がしっかり出来てないということは、ワンちゃんの健康にも大きな影響を及ぼすことになります。ただしブラッシングや、シャンプーで改善出来るレベルのものかもしれません。

老いたワンちゃんは胃腸の働きが衰えてきてしまうから、どんなに食べたくても体が受付けてくれないという場合があります。そのようなとき、飼い主さんは、栄養が不足しないように、より効率的に栄養を取れる食事が重要となります。ワンちゃんの顎の噛む力が落ちているという場合もあります。のどに詰まらないよう、消化がよくなるように柔らかい食事を与えるなど工夫をするようにしてください。

そのとき、低カロリー、低脂肪、更に筋力を維持させるために高タンパク質の食事を心がけたりすることも効果があります。ドッグフードにサプリメントを混ぜるというのも効果が期待することが出来ます。サプリメントを利用すると言う場合には、ドッグフードに1粒から数粒を混ぜるなどして食べさせてあげてください。

犬の健康管理

飼い主さんは、ワンちゃんの毛並みに対して、しっかりチェック態勢が出来ているでしょうか。ワンちゃんの健康管理というとき、なかなか飼い主さんに見えない部分のものもありますが、毛並みということなら、目に見える方の部類に属することが出来ます。つまり、犬の健康管理という場合、飼い主さんは、毛並み程度しっかり見る意識がない限り、飼い主さんとして資格がないと言われてしまっても仕方ないかもしれません。

ワンちゃんの毛並みが悪いというとき、どのようなことがワンちゃんに起こっているのかは、知識を持っていなければ判断出来ないことです。そこでしなければならないのは正しい情報収集です。ワンちゃんも老化するものであり、老化とともない毛並みが悪くなってしまうこともある意味仕方のないことです。人間だって加齢によって髪の毛にはどんどん艶がなくなってしまうでしょう。

ワンちゃんの毛並みをしっかり意識してあげるということは、ワンちゃんの老化を防ぐことのようです。それはワンちゃんにより長生きをしてもらう方法です。ワンちゃんも、老化により皮膚や肉球の弾力が失われてしまうことになります。皮膚の細胞を作る機能が衰えてくることで、健康な皮膚を作るのが段々と難しくなり、毛を作る細胞も衰えてしまい、毛がパサパサした感じになっていきます。

更に新陳代謝が悪くなってしまうことで、毛が伸びるのが遅くなってしまったり、抜け毛が多くなったりもします。更に続けます。